皆様にとって 「黒鯛」 という魚のイメージは、どのようなものでしょうか?

 東京湾での一般的なヘチ釣りを例にとると、「野武士」「イブシ銀」などのニックネームで通り、マニアックで気高く気難しい好敵手で、なかなか釣れない魚、というイメージがあるかもしれません。
しかし、ヘチからは攻められない、ほとんど手付かずのポイント群をボートから釣る「ボート落とし込み黒鯛釣り」を一度経験されたら、「黒鯛」という魚のイメージが一瞬にして変わってしまうことでしょう。

 ヘチ釣り師垂涎の、まだ見ぬ好ポイントの連続!
例えば・・・カラス貝がビッシリと付着した延々と続く壁、沖からの当て潮がきれいに左右に分かれて、見事な“ケンミ”が出来て黒鯛がタナで乱舞している支柱ポイント、緑イ貝が群生しており最盛期には多数の黒鯛が水面下20cmでヒラを打っているポイント、など・・・! ボートからであれば狙えるのです。

 石鯛やモロコなどの磯魚を船から釣ることに抵抗を感じる釣り師がいるように、黒鯛についても抵抗を感じる方はいらっしゃるかもしれません。しかし、ボート落とし込み黒鯛釣りが前記の例と完全に異なる点は、ヘチ釣りの道具立て・釣法をほぼそのままに、好敵手:黒鯛との究極の1対1のファイトを「頻繁に」味わえるというところにあります。

 まだ始まったばかりのジャンル、ゲームフィッシングとしての「ボート落とし込み黒鯛釣り」
ボートからであれば、50cm3kgの黒鯛もそう珍しくはありません。まだまだ手付かずのポイントにはとんでもない大物が潜んでいます。ヘチ釣りで培ったテクニックを駆使し、ボートから黒鯛とのやり取りを楽しんでみてはいかがですか?

 当船から、3.3kg、3.4kgと、2件のJFGA日本記録魚が出ております。
記録魚が出た夢のあるポイントの他、皆様がヘチから指をくわえて眺めていらした憧れのポイントなど、ありとあらゆる種類のポイントにご案内いたします。

 皆様のご乗船、心よりお待ち申し上げております。


〜ボート落とし込み黒鯛の魅力〜



 黒鯛TOPへ戻る 落とし込み釣りイメージへ



Copyright 2005-2017 "seakuro.com". All rights reserved.
This Home Page is Created by "orca"