小笠原 クチジロ

 


「精悍な面構え。カンヌキ(ジゴク)に針がガッチリ。」
  


「名礁サワラ根での6キロ半」
 


「6キロ級、全てタグ&リリース」
 

 〜石物最後の聖地・小笠原諸島〜
 
  本格的に石物釣りが開拓された2000年前後から、空前のクチジロフィーバー
 に沸きました。磯の究極の夢“クチジロ”(石垣鯛の老生魚)を「狙って釣れる釣り場」
 にいつまでもしたい、と関係者が努力した結果、小笠原母島漁協では1航海で
 キープできるクチジロは「5キロ以上1枚のみ」という厳格なバッグリミット方式が
 採用されるに至りました。

  現在では石物を愛して止まない磯師達の心ある理解の下、ほぼオールリリース
 の慣行が生まれています。
  また小笠原の玄関口・父島では、渡船船長の勇気ある決断により、現在では
 母島以上に事実上厳格なキャッチ&リリースが守られています。

  もし、あなたが石鯛釣りを志し、やがて「磯の究極」クチジロを目指したとしたら、
 多少の休暇を作って「石物最後の砦」小笠原に出掛けるチャンスさえあれば、
 ドキドキするような前アタリから、一気に剛竿をたわわにヘシ曲げるクチジロとの
 究極の格闘を味わうことができるでしょう・・・。


    お問い合わせ

       ・母島 秀洋丸 (04998−3−2140)
       ・父島 びっくり仰天丸 (04998−2−2117)
       ・釣り道楽屋サバロ (03−3201−2000)
 

プライベートTOPへ戻る        ヒラスズキページへ進む


   
Copyright 2005-2017 "seakuro.com". All rights reserved.
This Home Page is Created by "orca"